エチオピアコーヒー農園視察





2月2日からエチオピアに行ってきます。エチオピアと言えばコーヒーのルーツ、原点、コーヒー発祥の地です。2月は丁度、コーヒーの開花が始まる季節にあたります。アフリカでも標高が2000m以上もあり、すごし易い気候です。現在でもエチオピア南東部バレマウンテン付近にはワイルドコーヒー(自生コーヒー)が生えた森林が広がっているそうです。エチオピアコーヒー、日本では通称、エチオピア・モカとして有名ですが地域によりハラー、シダモ、レケンプティ、ジンマ、イルガチェフ、自生コーヒーがあります。現在当店ではエチオピアオーガニックとエチオピアHAMMAを使っています。これはイルガチェフと言われる地域の水洗処理されたコーヒーであり、現在最も世界的に注目されているコーヒーです。何はともあれ、観て聞いてきます。
珈琲四方山話」 2006.01.29 Sunday



このページのトップへ戻る