藍染布・しだれぐわ・旅人の木(着色)・カサブランカ









第89回草月いけばな展「花想い」

日本橋高島屋

11月8日(木)〜13日(火)

午前10時〜午後8時

で行われています。



今回は各県支部作品として5名で生けました。

各県の特徴ある素材で生ける・・・と言うので

徳島の木灰汁藍染め布(梶本登基子さんの作品)を使い

面と線の構成の作品にしました。
カウンターの生け花[2007]」 2007.11.09 Friday

どうだんつつじ・つるうめもどき・枯れアジサイ









あまりかまえず、自然に無造作に投げ入れた感じ



そんなふだん着の表情がきれい
カウンターの生け花[2007]」 2007.10.28 Sunday

ひととき





まだ誰もいない早朝に独り



挽いたばかりのコーヒーの香りに包まれて・・・



何とも贅沢な時間をとる



ゆっくりと・・・・



と、いきたいのであるが



今朝は少し気分が張り詰めて・・・



は、オーバー



持ち込んだのは、焙煎中の豆の温度変化をグラフにする



計器を取り付けて焙煎した始めてのコーヒーである



今までと何も変わったことをしたコーヒーではないのであるが



味の隅々まで集中したくて、客観的とか主観的とか



じゃなくて、味の臨場感とでも言えばいいのか



店で自分が出している味をみたくて客席で味わう



同じコーヒーでも、飲む場所、飲む時間、淹れる人のドリップのタイミング、



湯温、ミル、コーヒー粉の粗さ、水等、条件を挙げて行けば幾らでも考えられるが



そんな、こんなと考えながら・・・・でも



お客さまはそんな事考えながら飲む方っていないんだと気づく



もっとも大切なファクターを忘れていた



気持ち!なんだと



急にリラックスして店から帰ってきて、また焙煎室にこもる



独り善がり
珈琲四方山話」 2007.10.27 Saturday

つるうめもどき・西洋枯れあじさい/つるうめもどき・バンダラン















長く厳しかった夏も漸く影を潜め・・・・

でも・・・・自然は素直

彼岸ばなもいつもと同じところに可憐な花を付け

上勝の友人から庭にある(つるうめもどき)を

いただいた

『今年も生っとたじょ〜〜・・・・』

待ちに待った秋ですね
カウンターの生け花[2007]」 2007.09.29 Saturday

「珈琲美学 KONOBU」





12月オープン予定の新店舗「珈琲美学 KONOBU」の工事が始まりました

KONOBUは阿南市那賀川町小延(このぶ)と言う地名からいただきました

国道55号バイパスを県南に向かって、赤石トンネルから直線で凡そ4キロ

バイパス沿いの日吉神社のすぐ裏(手前)にあります

山城の珈琲美学と同じ様に天井を高く取り、木と土壁で仕上げます

ギャラリー&セレクトショップのコーナーも、準備を進めております

また、同じ建物にMANI(紅茶と手作りケーキの店)同時オープン致します

周りの風景同様ゆっくりと時間が流れる空間になれば・・・・と考えております



開店時には是非お立ち寄りください
珈琲四方山話」 2007.09.28 Friday



このページのトップへ戻る