つつみます展

2006年11月24日[金]〜12月24日[日]、

『珈琲美学』で開催の

「パッケージデザイナー 立花かつこ・つつみますてん」

の様子を写真で綴ります。



“ココロ”を包む立花さんのパッケージとのコラボレートを

お楽しみください。































































































WORKSギャラリー」 2006.12.07 Thursday

アンス・たにわたり・ふとい









一つずつが、それぞれに主張して・・・

一つの箱に・・・・・・・・・・・・・・・いける。

「包みますてん」に添えて。
カウンターの生け花[2006]」 2006.12.07 Thursday

an Bowen(ディーン・ボーエン)













ユーモアたっぷりの動物たち

色、表情に心が和む。



Dean Bowen(ディーン・ボーエン)



1957 オーストラリア、ビクトリア州生まれ

1976 RMIT(ロイヤル・メルボルン・インスティトュート・オブ・テクノロジー)で版画を学ぶ

1993 モナシュ大学で修士号取得 (版画)

1999 論文「Extending Printmaking」でこの分野国内初の博士号取得

2000 兵庫県津名町・長沢アートパークパイロット事業

    アーティスト・イン・レジデンス「多色刷り水彩木版画研修」に参加



現 在 メルボルン在住



* * *



1990 第2回アイルランド・ミニ版画展

1991 オーストラリア・フリマントル版画展

    第5回台湾国際版画ビエンナーレ

1994 オーストラリ国内最高位とされるフリマントル版画賞受賞/

    大阪トリエンナーレ1994版画特別賞受賞

    マケドニア・ビトラ国際版画トリエンナーレ

1996 第3回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ

    第2回エジプト国際版画トリエンナーレ

1997 ポーランド・クラコウ国際版画トリエンナーレ1997

    大阪トリエンナーレ1997版画特別賞連続受賞

1998 第1回神奈川国際版画トリエンナーレ/

     第4回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ・スポンサー賞受賞

1999 第1回国際ミニ・エングレービング展(イタリア、クレモナ)/

    第3回エジプト国際版画トリエンナーレ/

    第23回スロヴェニア・リュブリアナ国際版画トリエンナーレ

2000 ポーランド・クラコウ国際版画トリエンナーレ2000

2002 Nagasawa Artists 1997〜2001 水彩多色刷り木版に挑む

    第5回高知国際版画トリエンナーレ

    ソウル・スペース国際版画ビエンナーレ・買い上げ賞受賞

2003 北京国際版画ビエンナーレ・泰和マスターピース賞受賞

2005 震災復興10周年兵庫国際絵画コンペティション『再生―Renascence』

    第6回高知国際版画トリエンナーレ
WORKSギャラリー」 2006.11.19 Sunday

テーマ「とき」









草月創流80周年記念高知県支部展に出品してきました。



今回は3人の合作です。何代にも渡り受け継がれた

洗い張りの板に藍染作家の手による縄を巻き、

「つるうめもどき」の線で広がりを表現、「からすうり」をポイントに

持ってきました。



会場は『牧野富太郎記念館』。

雄大な自然の中に建つ内藤廣さんのモダンな建築です。



勅使河原茜家元の大作も出品されています。



11月17日〜19日の開催です。
カウンターの生け花[2006]」 2006.11.17 Friday

どうだんつつじ・つるうめもどき









朝露をはらって摘んできたつるうめもどき・・・・・

日本の色って、よく考えたら自然の色だったんだなぁって、

当たり前のことに気づき始めた。
カウンターの生け花[2006]」 2006.11.04 Saturday



このページのトップへ戻る