大江良二「迎えるかたち ?」





大江良二さんの作品には、ホッと一息ついたときに

ピッタリする味わいがある。

以前紹介させていただいた「飛び立つ頃合い」しかり、

α波が大きくなる作用があるのかも。



→紹介サイトはこちら(眉峰ギャラリーさん)
WORKSギャラリー」 2006.07.29 Saturday

アンス・べにづる









日々の暮らしに紛れながらも、

心の奥には決して消えることのない、

色鮮やかな思い出がきざまれています。



アンスを入れる。
カウンターの生け花[2006]」 2006.07.24 Monday

『WIRE MAMA 徳島版』に掲載されました





『WIRE MAMA 徳島版』2006年8月号のスタッフコラムで、『珈琲美学』のコンフィチュールを取り上げていただきました。



また、水野真紀さんのコラム“いくじ徳本”の中でも、ちらっと『珈琲美学』のことを書いてくれています。



ぜひご覧ください。
掲載情報(雑誌など)」 2006.07.13 Thursday

御影石の彫刻「家族」







でっち亭と美学の一番大きいテーブルの上にそれぞれ

置かれているのが、久保拓也さんの人間を椅子で

表現したユニークな作品である。



ず〜っと眺めていると想像が広がりますね。
WORKSギャラリー」 2006.07.12 Wednesday

どうだんつつじ・るりだま・ゆり









いけばなのPartitionを作ってみました。

写真では奥行きが出せないのが残念ですが

1.5m、高さも1.2mあります。まるで垣根です。
カウンターの生け花[2006]」 2006.07.11 Tuesday



このページのトップへ戻る